懐ゲー探索隊

【懐かしのゲーム10選】昔プレイしていたゲームを振り返ろう。

 

どうもー、こんにちは。

チュウのゲーマーいちです!

 

2020年の1月に開設したチュウのゲーマー

その中の1コーナーでちょこちょこ更新している懐ゲー探索隊!

今回はようやく10回を突破したということで、ひとつの記事にまとめてみました。

 

それでは一緒に懐かしみましょう!

 

懐ゲー探索隊

 

懐ゲー探索隊とは、家に眠っているゲームを掘り返して、みんなで懐かしもうというコンセプトのブログ記事です。

どこまでを懐ゲーと呼んでいいのか難しいところですが、最近はPS3も懐ゲーに含もうか検討中です。

ただ、セガサターンやPS2などソフトはあってもゲーム機がないものがあるので、懐かしめるゲームは限られています。

 

ではさっそく、第1回記事から振り返りましょう!

 

第1回~第5回

 

第1回

第1回 懐ゲー探索隊・レースゲームという名のRPG『ゼロヨンチャンプRR』

 

記念すべき第1回は、スーパーファミコンのゼロヨンチャンプRRです。

このソフトを紹介したくて懐ゲー探索隊をつくったと言っても過言ではありません。

 

本編のレースゲームよりもお金を稼ぐためのミニゲームが充実しすぎているゲームです。

特に警備員バイトのRPGがボリュームもありしっかりしていて、もはやそっちの方が本編です!

 

第2回

第2回 懐ゲー探索隊・初めてのFPS、64版『007ゴールデンアイ』

 

こちらは当時、小・中学生だった人はすごく懐かしいですよね!

友達の誰かは持っていたはずです。

コントローラーを持ち寄って、ブラウン管テレビを4分割にして遊びましたよね?

 

私は、ゴールデンアイで初めてFPSを知りました。

PS2の007ナイトファイアもめっちゃハマったのですが、PS2がないので…

 

第3回

第3回 懐ゲー探索隊・物語を決めるのはあなた『学校であった怖い話S』

 

このゲームは、PS3のゲームアーカイブスで購入していた物なので、リアルタイムでプレイしていたわけではありません。

でもやっぱり懐かしかったですね。

話を聞く順番や、選択肢によって話が変わるので、何周でも遊びたくなっちゃいます。

サウンドノベルですが、友達と選択肢を考えながら遊ぶのも楽しいゲームです。

 

第4回

第4回 懐ゲー探索隊・もはやファミコン集、どうぶつの森+

 

この回はどうぶつの森と言っておきながら、ファミコンの紹介でした。

3作目のどうぶつの森e+まではファミコンの家具が出てきて、実際にプレイできました。

当時はゲームの中でゲームをできることがうれしかったです。

今はファミコン家具がなくなって残念ですね。

 

第5回

第5回 懐ゲー探索隊・RE:3が楽しみ過ぎる、バイオハザード3

 

バイオハザード3は私がバイオハザードにハマった作品でもあり、シリーズで1番プレイした作品だと思います。

バイオハザードRE:3が発売されることを知り、待ちきれなくなり再プレイしてみました。

あらためて固定視点のバイオハザードをすると、思っていたより難しかったです。

視界が制限されているので、切り替わった瞬間ゾンビに攻撃されるとかもありました。

あと、昔のバイオは弾数がシビアなので、銃の使いどころが難しいですね。

 

第6回~第10回

 

第6回

第6回 懐ゲー探索隊・本家より有名?トロンにコブン

 

こちらはロックマンDASHの敵キャラクターの外伝ストーリー的なゲームです。

いろんなゲームジャンルのミッションをクリアして、借金を返済していくというストーリーです。

主人公が敵キャラクターなので、ミッションも銀行をおそえコンテナをうばえなど犯罪系が多いです。

でもコブンがかわいいので、悪いことをしてる感覚はあまりないです。

 

第7回

第7回 懐ゲー探索隊・夢の競演、MARVEL VS. CAPCOM 2

 

こちらはアメコミのマーベルとカプコンのキャラが出てくる格ゲーです。

カプコン側で、第6回で紹介したトロンにコブン第5回で紹介したジルが出ていたので、その3体を中心に懐かしみました。

格ゲーは得意ではないので、技術的なことはわかりません。

なので、キャラゲーとして楽しんでました。

 

第8回

第8回 懐ゲー探索隊・ポケモンスタジアム2&金銀ミニゲーム特集!

 

ポケモンスタジアム!

もうこの響きが懐かしいです。

そしてこちらも、ポケモンバトルではなくおまけのミニゲーム特集です。

本編じゃないところを懐かしむパターン多いですね。ゼロヨン…どうぶつの森…

でもバトルよりミニゲームで盛り上がった記憶の方が大きいんですもん。

 

第9回

第9回 懐ゲー探索隊・集中力と忍耐力が大事、イチダントアール

 

これは、ゲームセンターCXを見ていた時期に、有野課長が前作のタントアールをプレイしていた影響で購入しました。

ゲームセンターCXからのWiiバーチャルコンソールで買うパターンいくつかありました。

ただ、クリアはしていません。

けっこうな集中力と忍耐力が必要になります。

友達とするのならまだいいですが、1人はきついです。

 

第10回

第10回 懐ゲー探索隊・感動をありがとう、64版の初代スマブラ!

 

天下のスマブラですよ!

今となればキャラが12体なのは少なく感じますが、当時はそれでも多く感じました。

何よりいろんなゲームのキャラが参戦しているのが感動もんです!

友達との対戦がおもしろすぎますよね。

ホームランバット好きやったな~

 

まとめ

 

はい、ということで10回分の振り返りでした。

懐かしいのがあればぜひ読んでみてください!

 

懐ゲー探索隊は、昔のゲームを起動するいいきっかけとなりました。

これからもちょこちょこ懐ゲー探索隊を更新していこうと思います!

 

では、最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いち

物心ついた時からゲームをしていたが実力は中の下。 5年ほどゲームから離れていたが、PS4とPC購入により復活。 せっかくだからチュウのゲーマーとしてブログ開設。

-懐ゲー探索隊

© 2021 チュウのゲーマー