アドベンチャー ホラー 懐ゲー探索隊

第5回 懐ゲー探索隊・固定カメラ視点の恐怖、バイオハザード3

 

どうもー、こんにちは。

チュウのゲーマーいちです。

 

最近発売が楽しみなゲームってありますか?

私は「バイオハザードRE:3」です。

なぜかというと、バイオハザードシリーズで一番はじめにまともにやったのが「バイオハザード3ラストエスケープ」だったからです。

 

バイオハザード1もやったことはあったのですが、小学生の低学年の時だったのでまともにできませんでした。

バイオ3も発売された時は小学生低学年だったのですが、プレイした時は中学生だったのでまともにできるようになっていました。

 

クリア後に遊べるようになるマーセナリーズでがんばってお金をためて弾数無限の武器を手に入れたのはいい思い出です。

 

そんな思い出深いバイオハザード3のリメイクが出るなんて、買うしかないです。

 

バイオシリーズは、ほとんどプレイしてるのでもちろん2もクリアはしています。

しかしRE:2の時はゲームから離れていた時期だったので知りませんでした。

まぁ、バイオ2はPS3のゲームアーカイブスで買って1回クリアしただけなんで思い出はないんですけどね。

 

それに、RE:3に入っている「バイオハザード レジスタンス」も気になります。

PS2であったアウトブレイクも好きだったのですが、それに少し似てる感じがしますもん。

 

アウトブレイクの時に、デッキブラシや鉄パイプでゾンビと戦う姿を見て衝撃でした。

「それでもゾンビ倒せるんや」って思いました。

デッキブラシの柄に包丁を付けた手作りの槍が強いんです。

 

そんなことは置いといて、今回の懐ゲー探索隊は…

 

バイオハザード3

ラストエスケープ

 

…まぁでしょうね。

 

バイオハザード3ラストエスケープ

 

バイオハザード3ラストエスケープは1999年9月にカプコンからPSで発売されました。

てことは、発売当時は私はまだ小学生の低学年でした。

実際プレイしていたのは中学生くらいかと思うので、発売からしばらく経っていたみたいです。

まぁ、小学校低学年でバイオやってたらそれはそれで怖いかもしれませんね。

 

あと、バイオ3といえば追跡者ネメシスの存在がでかいですよね。

 

 

ゲームはじめていきなりラスボス出てくる絶望感。

しかもめっちゃ追いかけてくる!

バイオハザードRE:3での再開が楽しみです

 

クイックターン

 

そして、この作品からバイオハザードにはなくてはならない機能が付きました!

 

進行方向と逆側を押しながら✖を押すと、くるっと180度回転するアレです。

クイックターンが使えるようになりました。

 

これは画期的ですよね。

特に、敵から逃げることも多い初期バイオでは必須です!

 

むしろ1と2ではクイックターンなしでよくやれていましたよね。

 

ライブセレクション

 

バイオハザード3にはライブセレクションというものがありました。

これは、追跡者が現れた時などの緊迫した場面でプレイヤーが選択を迫られるというものです。

 

 

この場面では、対決か逃げるかの選択ができます。

また、ライブセレクションには時間制限もあるので、時間切れという選択もあります。

 

なので合計3つの選択肢から選べるということになります。

時間切れはあまりいい選択ではないですけどね。

 

ライブセレクションがあることによって、クリアした後ももう一度やりたくなっちゃいますね。

 

リロードツールとガンパウダー

 

そしてバイオ3では銃弾を自分で作ることが出来ます。

 

もちろんハンドガンの弾やショットガンの弾としても拾えるのですが、それとは別にガンパウダーというものも拾えます。

 

ガンパウダーA・B・Cがありそれぞれの組み合わせによりできる銃弾が変わります。

 

 

できたガンパウダーをリロードツールというアイテムと組み合わせて銃弾の完成です。

 

初期バイオの世界では特にマグナムは最強で、マグナムの弾も貴重です。

しかし頑張れば作れるので必死にガンパウダーCCCを作った記憶があります。

 

それに、ハンドガンやショットガンの弾を何度も作れば強化弾が作れるようになっちゃいます。

強い弾を作らずにすぐできる弾をガンガン作っても損をさせない感じがいいですね!

 

攻撃オブジェクト

あとバイオ3では、今ではおなじみな攻撃オブジェクトもありました。

ドラム缶など、撃ったら爆発するようなやつです。

 

 

もちろん自分もダメージ食らいます。

 

ひさびさのバイオ3

 

PS3でPSのゲーム動くんですね

知らなかったです。

 

てことで、ひさびさにバイオ3やってみました。

マーセナリーズをやりたかったのですが、セーブデータがないので初めから…

 

追跡者を倒すといろいろいいアイテムが貰えたので、最初に出会う追跡者を倒したろうと思いはじめました。

 

むずかしすぎた…

 

昔のゲームだからとなめてたらダメですよ。

普通に怖いです。ビビります。

 

自由のきかないカメラアングルが恐怖をあおります。

 

 

こんな画面しか見えないのにゾンビのうめき声や歩く音が聞こえるんです。

もしかしたら画面が切り替わった先にすぐいるかもしれない…

固定カメラのアングルではその恐怖がすごいありますね。

 

そして所持している弾が少なすぎる。

初期バイオでは敵はスルーして、しょうがない場合にしか倒さなかったものです。

 

しかし逃げてばっかりいると…

 

 

地獄です。

絶対ダメージ食らいますもん。

 

ハンドガンの弾そんなにないし、ナイフでチクチクやろうにもアイテムボックスに置いてきちゃってました。

 

まぁ、ジルさんは強いんで1回ダメージ食らうだけで済みました。

 

 

その後もブラッドがバーで襲われてるとこに出くわしたり、いきなりショットガンを手に入れたり、ライターでドアを固定してた綱を燃やしたりしてようやく初追跡者ポイントまで来ました。

 

 

またもやボロボロのブラッド

そして追跡者登場

驚くジル

ブラッドやられた

 

そして先ほどのライブセレクションになります。

 

もちろん戦います!

武器はハンドガンで弾は60発ほど。

足りるかわからないですが緊急スプレーハーブも持ってます。

 

よしやるぞ!

 

 

秒でした。

1発も撃てずに終わりました。

最初に殴られて、そのまま起き上がる間もなくフルボッコです。

セーブ?してません。

インクリボンもったいないから・・・

 

まとめ

 

今やっても普通に怖いです!

少ない弾と固定カメラの視点、その不自由さが怖い!

 

倒すべきゾンビ倒さなくてもいいゾンビを考えなければならないのも初期バイオの魅力ですね。

もちろん4以降のバイオハザードも好きですが、固定の視点の方がバイオって感じがします。

 

ますますバイオハザードRE:3が楽しみになりました。

 

あと、当時は気にしていませんでしたがジルの服装なかなかの露出ですね。

せめて腰に巻いてる上着きればいいのに…

 

ということで今回の懐ゲー探索隊は終了です。

ありがとうございました!

 

バイオハザード3 ラストエスケープ

 

BIOHAZARD RE:3 Z Version 【CEROレーティング「Z」】 (【予約特典】「ジル&カルロス クラシックコスチュームパック」プロダクトコード 同梱)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いち

物心ついた時からゲームをしていたが実力は中の下。 5年ほどゲームから離れていたが、PS4とPC購入により復活。 せっかくだからチュウのゲーマーとしてブログ開設。

-アドベンチャー, ホラー, 懐ゲー探索隊

© 2021 チュウのゲーマー