ゲームinゲーム シミュレーション 懐ゲー探索隊

第4回 懐ゲー探索隊・もはやファミコン集、どうぶつの森+

 

どうもー、こんにちは!

チュウのゲーマーいちです。

 

本日も家にある懐かしいゲームの紹介をしようと思います。

 

どうぶつの森+

 

を紹介します!

 

実際プレイしたことが無くても、「どうぶつの森」は知っていますよね?

どうぶつの森+はシリーズ2作目なのですが、3作目までは今では無くなってしまったお楽しみがあったのです。

 

そうそれは…

ファミコン家具!

 

今回はファミコン家具を中心に紹介します!

 

どうぶつの森+

 

どうぶつの森+は2001年12月に任天堂からゲームキューブで発売されました。

どうぶつの森+はシリーズ2作目になります。

1作目がニンテンドー64で、3作目がゲームキューブで発売されていました。

 

私は64版はやってなかったのですが、ゲームキューブ版2作とDS版を持っていました。

 

3作目以降からやり始めた方には知らない人もいるかと思いますが、実はこの頃にはファミコン家具がありました。

しかも実際にプレイすることが出来るのです。

 

どうぶつの森の楽しみはファミコン家具といっても間違いではなかったです。

 

さっそく久しぶりの我が村に帰ってみましょう!

 

久しぶりの我が村

 

いやー、懐かしいです。

どうぶつの森は、村人と交流したり記念行事に参加したり家具を集めたりと、のびのびと暮らすゲームです。

 

やることといえば、お金を貯めて家のローンを返してさらに増築することですね。

雨の日にはシーラカンスをたくさん釣りました。

15000ベルで売れるんですよ~。

あとカブリバからカブを買って、たぬきちに売るんですよ。

たまにめっちゃ高くなるから!

 

そうこうして、ローンを返し終わったら駅の前に銅像を作ってもらえます。

 

 

 

それにしても、この角みたいな髪型は何なのでしょうね?目半開きやし

 

そして久々のたぬきち商店!

 

 

めちゃくちゃ立派なデパートになってました。

たぬきちのお店も成長するごとに品揃えや営業時間が変わっていっておもしろかったなぁ~。

 

 

たぬきちさん、スーツもお似合いです。

 

久しぶりの我が家

 

そして我が家!

自分の家は最大で地下室付きの2階建てです。

 

では、10数年ぶりに我が家に帰りましょう!

 

 

まず1階。

どっからどう見ても倉庫ですね。

そしてもうすでにファミコン家具が…

 

 

そして2階。

一応博物館っぽくなっていますが、入れません…

そしてここにもファミコン家具が…

 

そして地下室、

 

 

ドーン!

ファミコン部屋!

 

ダブってるファミコン家具もいくつかありましたが、これ全部できます!

ちゃんと「32がたワイドテレビ」まで置いている凝りよう。

 

ちなみに調べてみたら全種類は持ってなかったのですが、あったものを紹介します!

 

ファミコン家具

 

●ドンキーコング

 

スマブラでおなじみのハンマーが登場する作品ですね。

このドンキーと今のドンキーって別の個体なんでしたっけ?

とにかくファミコン時代のドンキーは悪役です!

 

●ドンキーコングJR

 

つぎはなんとマリオが悪役!

ロープを登るときは2本つかんだ方が早いけど、降りるときは1本の方が早かったです。

ジュニアは服着てるんですね。

 

●ドンキーコング3

 

もはやマリオでもないキャラが虫とゴリラと戦います。

下にある花を守りつつ、ドンキーが落ちてこないように気を付けます。

めちゃむずかったです!

 

●テニス

 

これ家にありましたわ~。

マリオが審判してますね。

マリオはこれでテニスを勉強して、マリオテニスにいかしたのですかね?

 

●ピンボール

 

これも家にあった!

昔はピンボールなんて知らなかったけど、いろんなとこに当たってポイント増えたりギミックがあったりと楽しかった。

画像右上のホールに入るとできるボーナスゲームがなぜか好きでした。

こんなところにもマリオ登場!

 

●ベースボール

 

野球盤を思い出すようなゲーム。

80キロの球来たと思ったら次は160キロになったりしてなかなかむずかった。

チーム名はアルファベット1文字

 

●クルクルランド

 

点に手を引っかけて、隠されたクリスタル?を見つけ絵を完成させるゲーム。

動かしにくくはないけど、思った通りにも動いてくれない絶妙なバランス。

 

●バルーンファイト

 

風船をつけての空中戦。

上からぶつかって相手の風船を割り、地上にいるところをもう一度ぶつかると倒せる。

カミナリやサカナも邪魔してくる。

 

●アイスクライマー

 

足場を壊してどんどん上に登っていくゲーム。

アイスクライマーはスマブラで初めて知った人は、アレ?ピンクのは?ってなる。

ほんとにスマブラのステージみたい。

 

●麻雀

 

麻雀のことは今もあんまり分からないけど、当時はまったく分からなかった。

なのでほとんどやったことはない。

1対1の麻雀なんや…

 

●五目並べ

 

なかなか渋いゲーム。

自分の色を5つ並べたら勝ち。

初級でやったら余裕で負けた!

 

いや~いろいろありますね~

ここまででもすごいですが、もっとすごいのがまだまだあるんです。

こんなゲームをゲームインゲームにしていいのだろうか?

 

●パンチアウト

 

これも家にあったので結構やってました。

スマブラに参戦したときはうれしかったです!

それにしてもマリオなんでもやるなぁ~

 

●ワリオの森

 

キノピオを動かすパズルゲーム

ファミコンの中では最新のゲーム。

てかもうスーパーファミコン発売してるしっ!

 

●マリオブラザーズ

 

横スクロールになる前のマリオ。

スーパーマリオブラザーズ3にも同じゲームが入っていたけど、絵が古い。

ノコノコがちょいかわいい。

 

●スーパーマリオブラザーズ

 

ゲームインゲームの域を超えているゲーム第2位。

言わずと知れた世界的ゲーム。

どのステージのBGMも懐かしい。脳に焼き付いている。

 

●ゼルダの伝説

 

ゲームインゲームの域を超えているゲーム第1位!

これはあかんやん!反則やん!

しっかりとゼルダの伝説が楽しめます。

 

 

まとめ

 

どうでしたか?

のどうぶつの森すごくないですか?

 

ただ、普通にゲームをしているだけでは手に入らないファミコン家具もたくさんあります。

しかし、「あいことば」というものがあれば簡単に手に入れることが出来ちゃいます。

そこのことについては各自でお調べください。

 

3作目のどうぶつの森e+でもファミコン家具はあるのですが、全体的に+の方が豪華だったのでこちらの紹介になりました。

e+の方ではエキサイトバイクで遊べたのがうれしかったです。

 

それでは、今回の懐ゲー探索隊は終了です。

ありがとうございました!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いち

物心ついた時からゲームをしていたが実力は中の下。 5年ほどゲームから離れていたが、PS4とPC購入により復活。 せっかくだからチュウのゲーマーとしてブログ開設。

-ゲームinゲーム, シミュレーション, 懐ゲー探索隊

© 2021 チュウのゲーマー