ガジェット ゲーム関係

【買ってみた】switch専用64コントローラーが最高!

 

どうもー、こんにちは。

チュウのゲーマーいちです!

 

ゲームをするうえで大事なものはいろいろありますよね?

ゲームのソフトはもちろん、ゲーム機本体やPCなども無いとゲームできません。

そして忘れちゃいけないのがコントローラーです!

 

なかでも任天堂のコントローラーはゲーム機によって形がすごく変わるので、コントローラーを見ているだけで当時のゲームを思い出すことができます。

特に64とゲームキューブのコントローラーが思い出深です。

 

以前HORI製のswitchで使えるUSBのゲームキューブコントローラーを購入して紹介しました。

【switch】ホリのゲームキューブ風コントローラー、めっちゃいい!

  どうもーこんにちは。 チュウのゲーマーいちです!   最近switchデビューして、いろいろゲームを買いあさっているんですが、めっちゃいいゲームいっぱいありますね。 もちろんス ...

続きを見る

 

そして今回は、任天堂純正の

switch専用

NINTENDO 64 コントローラー

を手に入れました!

 

 

いや~、最高ですね。

箱から出すのがもったいないです。

飾っておきたいですね!

 

とまぁ、せっかく手に入れたのでガンガン使ってやろうと思います。

それにしても懐かしい!いい出来だ!

 

NINTENDO 64 コントローラー

 

この最高に懐かしい64コントローラーですが、残念なことにだれでも購入できるわけではないんです。

Nintendo Switch Onlineに加入している人じゃないと買えません!

このオンラインサービスに加入するだけなら、年間2400円なのでそんなに負担ではないですね。

ただ、64のゲームをするためには年間4900円の追加パックにも加入しないといけません。

まぁ、私のように30歳前後の64どっぷり世代やレトロゲーム好きは加入して損はないですね。

 

 

そして、64コントローラーのお値段は5478円です!

おっ、意外とたけー!

 

思ったより高く感じますが、それもそのはず。

switch専用というだけはあり、かなり進化していました!

 

ここがすごいぞ64コントローラー

 

実はこのコントローラー、ワイヤレスなんです!

 

 

現代のコントローラーなので、当たり前と言えば当たり前なんですが、コードをコントローラーにバッテンに巻き付けていた世代としては感動もんですね。

コントローラーは充電式で、USB Type-Cで充電できます。

 

本来コードのつながっている場所にコネクタがあるのですが、他にもホームボタンやスクショボタン・ZRボタンまであります。

 

 

いやー、立派に進化していますな…

まぁここら辺のボタンは押しにくいですが、あくまで64のゲームをするためのコントローラーなので、補助的なものとすれば付いてるだけでありがたいです。

正面から見たら昔のままだけど、違う角度から見たら成長していましたね。

 

そしてさらに違う角度から見てみると…

 

 

おっ、振動パックのとこ埋まってる!

64のコントローラーと言えば、コントローラー自体にアタッチメントを装着できる、おもしろい仕様でした。

差し込み口は埋まっていますが、コントローラーは振動します。

振動パックをつけなくても振動するようになったんですね。ずいぶん成長しましたね…

 

ちなみに私はポケモンスタジアムで使える、ゲームボーイのソフトを読み込める機械を付けていました。

コントローラーは重くなるんですが、その重さに慣れてしまって外すと違和感が出るようになってしまい、ずっとつけっぱなしで遊んでいましたね。

たぶん実家にあるコントローラーに今でも装着したままだと思います。

 

実際にゲームをプレイ!

 

このNINTENDO 64 コントローラーは、もちろん「NINTENDO 64 Nintendo Switch Online」でプレイできる64ゲーム専用のコントローラーです。

 

そもそもこのコントローラーを購入した決め手は、「ゼルダの伝説ムジュラの仮面」が配信されたからなんです。

当時64でムジュラの仮面をプレイしていたので、懐かしいと思いswitchでも早速始めました。

けどこのゲームでは、CボタンやZボタンを頻繁に使うので、switchのコントローラーではプレイしにくかったんです。

で、NINTENDO 64 コントローラーを購入したところ…

 

 

めっちゃ快適!

 

64のコントローラーって形も持ち方も独特なので、64のゲームはやっぱりこのコントローラーでやるべきなんですね。

まぁ当時よりコントローラーがちっちゃく感じて窮屈なのは、手が大きくなったからなんでしょうね。

64のコントローラーだけでなく、自分も成長していましたわ!

 

他にどんなゲームで使えるの?

 

と、64のゲームで快適に使えるのはもちろんですが、ここで気になるのは他にどんなゲームで使えるかですよね?

ちょこちょこっと試してみたので、報告します。

ちなみに、本体付属のJoy-Conなどは設定画面でコントローラーのボタン配置を変えることができるのですが、NINTENDO 64 コントローラーは変更不可でした。

 

検証の結果、このコントローラーにはX・Yボタンがありませんでした。

なので、X・Yを使うゲームはすべてできないということになります。

 

 

ためしに、スーパーファミコンの「星のカービィ3」をプレイしてみたのですが、移動とジャンプしかできなかったです。

カービィと言えば「敵を吸い込んでコピー」なのに、敵を避けることしかできなかったです。

ただの動くピンクボールですね。

 

こんな感じでX・Yを使うゲームはできないのですが、A・Bしか使わないゲームはできます。

つまり…

 

 

ファミコンはできます!

 

ファミコンは、十字キーとA・Bしかないので問題なく64コントローラーで遊べます!

「軽いしJoy-Conでいいやろ。」と言われたら何も返せませんが、出来ることは間違いないです。

 

ということで、先ほども言いましたがX・Yを使うゲーム以外はできます。

なのでswitchのゲームはほぼ全滅ですね…

 

と、ここである疑問が出てきました。

64時代から続いているあのゲームではどうだろうか…?

 

switchのスマブラはできる?

 

そうです、「スマブラなら64コントローラーでもできるのではないか?」という疑問です。

だって、64から続いてるゲームで、操作方法もほとんど変わらないはずです。

第10回 懐ゲー探索隊・感動をありがとう、64版の初代スマブラ!

  どうも~、こんにちは。 チュウのゲーマーいちです!   懐ゲー探索隊も遂に第10回まで来ましたよ~ やっぱり2ケタ突入ということで、どのゲームを懐かしもうか考えちゃいますよね。 ...

続きを見る

 

結論と致しましては…

 

 

スマブラできました!

 

違和感なく、普通にプレイできました!

64のコントローラーでもプレイできるスマブラってすごいですね。

もう64の時から完成されてたってことですよね!

 

しかも、Cボタンでのスマッシュが使いやすい!

ゲームキューブやJoy-Conだと、コントローラーの右下にあるスティックなんですが、64コントローラーだとA・Bボタンのすぐ横にあるのでめっちゃ押しやすいです。

今まであまり使っていなかったのですが、このコントローラーでなら使いこなせる気がします。

 

正直ゲームキューブのコントローラーが一番やりやすいんですけどね……

 

まとめ

 

ということで今回の「NINTENDO 64 コントローラー」の紹介を終わろうと思います。

いろいろ書きましたが、とりあえず思ったことは

「懐かしい!めっちゃいい!進化すごい!」

ってことです。

 

使いやすいとかそんなことより、とにかく懐かしくって最高です。

コレクション的な感じとしても買ってよかったと思いました。

ただ、ムジュラの仮面がしたいのならこのコントローラーでプレイするべきですね。

 

switchでプレイできる64のゲームもどんどん増えてきてうれしいですけど、積みゲーが増えすぎてどれだけ時間があってもプレイしきれないです。

いっそのことすべてを投げ出して、積みゲー消費にでも励みますかね?

 

ということで、最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

第8回 懐ゲー探索隊・ポケモンスタジアム2&金銀ミニゲーム特集!

  どうもー、こんにちは! チュウのゲーマーいちです。   ポケモンってすごいですよね。 私が小さいときから今でもずっと大人気ですもんね。 最近のポケモンは全然知らないのですが、ル ...

続きを見る

第2回 懐ゲー探索隊・初めてのFPS、64版『007ゴールデンアイ』

  どうもー、こんにちは! チュウのゲーマーいちです。   早くも第2回目の懐ゲー探索隊です! なんやかんやでsteamのゲーム紹介が多いので、ちょこちょこ挟んでいこうと思ってます ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いち

物心ついた時からゲームをしていたが実力は中の下。 5年ほどゲームから離れていたが、PS4とPC購入により復活。 せっかくだからチュウのゲーマーとしてブログ開設。

-ガジェット, ゲーム関係

© 2022 チュウのゲーマー