アクション

【見下ろし2D】近未来ブシドーアクション『アカネ』

 

どうもー、こんにちは。

チュウのゲーマーいちです!

 

みなさんはゲームを買う時どうやって決めていますか?

どんなゲームか慎重に調べて、それでもおもしろそうだったら購入とかですか?

たしかに、安く買えるゲームでも時間は無駄にしたくないですもんね。

 

私もゲームは慎重に買う派だったのですが、この「チュウのゲーマー」を始めてからはバンバン買ってます。

セールで安くなってるゲームはジャケ買いしまくりですね。

特に、ゾンビを含むポストアポカリプス系やサイバーパンク系は大好物です。

 

ということで今回紹介するのは、サイバーパンクっぽい世界観だけどメインの武器が刀のゲーム、

アカネ

(AKANE・朱音)

です!

 

オリジナルのタイトルが「AKANE」で、switchの画面では「アカネ」、ゲームを開始すると「朱音」も出てくるゲームなのですが、これ以降は「アカネ」で統一しますね。カタカナが一番楽なんで。

 

アカネ

 

「アカネ」はブラジルのLudic Studiosというゲームスタジオが開発しました。

「AKANE」というタイトルや、刀アクション、そして戦いの舞台がメガ・トーキョーという場所ということからもわかるように、日本文化から発想を得て作られたようです。

 

このゲームは、2018年9月にsteamで配信され、2021年3月にswitchでも配信開始されました。

今回私がプレイしたのは、switch版です。

switchでは日本語対応していたのですが、steamは英語版だけみたいですね。

まぁ、英語が読めなくても支障はほぼないんですけどね。

 

お値段もとても安く、switch500円・steam520円です!

さらに私はswitchセールで買ったので、180円でした。

もうしわけねぇ。その分しっかり紹介するからな。

 

ゲーム内容

 

ゲーム内容はすごくシンプルです。

見下ろしの2Dドットで、ワラワラわいてくる敵をバッサバサなぎ倒すだけです!

しかも、ゲームモードはチュートリアルを除くと1つだけ!

 

 

しかも、ストーリーはほぼなくて、スコアアタック的なゲーム内容なんです。

 

けどこのゲーム……

めちゃくちゃおもしろい!!!

 

ホントなんです。めっちゃおもろいんです!

ステージもメガ・トーキョーの1つしかないんですが、そんなの関係ないくらいハマります。

 

 

あとアカネ姐さんがカッコよいんです。

ストーリーはあってないようなもんなんですが、数少ないセリフがカッコイイ!

 

そしてこのゲーム最大の特徴は、プレイヤーも敵も体力ゲージがありません。

どういうことかというと、1撃でも攻撃を食らえばゲームオーバーです!

 

 

敵に囲まれることが多いので、一瞬も気が抜けません。

もちろん移動や攻撃の速度はプレイヤーの方が速いのですが、隙を見せるとすぐやられちゃいます。

 

敵の動きが賢い

 

ワラワラ出てくるザコ敵ですが、動きが賢いんです。

ただプレイヤーに向かってくるだけでなく、ちょっと逃げる敵がいたり予想外の動きをすることがあるんです。

で攻撃をミスったところをやられます。くやしくって即リトライですね。

 

たくさんいるザコ敵の他にも、ちょっと強い敵もたまに出てきます。

銃を撃ってくる狙撃手・5回斬りつけないと倒せない戦車・攻撃後の隙を狙わないと倒せないサイバー忍者という3種類なんですが、これがやっかいなんですよね。

急に現れるので、不意を突かれるんですよ。

 

特に狙撃手の銃攻撃が怖いです。

Bボタンで銃弾を弾き返せるのですが、いきなり撃たれたら対応できません…

 

100撃破ごとにBOSS登場

 

このゲームはスコアアタック的なゲームなのですが、100撃破ごとにボスキャラが登場します。

 

 

KATSUROというボスで、アカネとは何か因縁がありそうな感じです。

まぁ、詳しくはわからないので想像するしかありませんが…

プレイヤーは超薄着なのにKATSUROはやたらと着込んでますね。

こんな世界観だけどサイバーパンクっぽい装備なのは、このボスとサイバー忍者だけです。

ちなみに、漢字で書くと「活路」となります…

 

このボスも初見ではよくわからなくて瞬殺されたのですが、倒し方さえわかれば余裕です。

攻撃してもガードされて倒せないのですが、敵の攻撃を避けているとたまに隙ができるので、その時に攻撃すれば倒せます

目印としては、敵の身体がビリビリしている時が攻撃出来る時です。

銃攻撃は、弾き返されるので注意ですよ。

 

100撃破ごとに毎回KATSUROが出てくるのですが、攻撃バリエーションが増えていきます。

2回目では銃攻撃をしてくるようになったり、3回目では連続突進斬りを使ってきたりと。

私は4回目のKATSUROにやられたっきりその先には進めていませんが……

 

刀と銃、両方使える絶妙なバランス

 

「アカネ」はブシドーアクションなんですが、このメガ・トーキョーでは銃も使いこなせなければブシドーではありません。

そしてこのゲームには、刀と銃の両方をうまく使わせる工夫があります。

 

刀攻撃にはスタミナを使い、このゲージが無くなると少しの間攻撃できません。

ゲージはプレイヤーキャラの下についています。

銃攻撃は弾丸を使い、残数は画面右下に表示されています。

 

 

これらのスタミナや銃弾は、時間経過でも増えるのですが、敵を倒すとさらに早く増えます。

なので、刀攻撃でスタミナ減ったら銃撃して、また刀攻撃して銃弾増やしてという感じで両武器を使いこなさないといけないバランスになっています。

しかもこれが絶妙にストレスのかからない感じでできるので、おもしろいんです。

むしろ「銃と刀使いこなせてる俺カッケー」とさえ思わせてくれます。

なんというか、動画で見ないとわかりにくいとは思いますが……

 

 

てな感じで爽快感すごいですね。

あとTwitterの動画でもありましたが、必殺技もあるんですよ。

2種類あるのですが、使うのはほぼ1つだけです。

 

画面下のゲージを3つ溜めることで使える技で、画面内の敵を一掃できます!

 

 

アカネ姐さんのカットインが入り、ボタンを連打すると、

 

 

敵全滅です!

周りの敵がみんないなくなるので、コンボを繋げてるときは要注意ですね。

 

ゲームの目標・収集要素

 

このゲームは、ストーリーもほぼないスコアアタック的なゲームと紹介しているのですが、目標が何もないわけではありません。

指示されているミッションをゲーム内で達成すると報酬が貰えます。

 

 

1度に5つミッションがあり、クリアするとまた別のミッションが出てきます。

最初、1ゲームで戦車を3台撃破するってのが意味わかんなかったんですよね。

いくらやっても戦車なんて出てこないんですよ。

結局、5回斬りつけないと倒せない大男のことだったんですが、せめて戦車を3体撃破にしてほしかったですね。

 

まぁそれは置いといて、ミッションをクリアしてもらえる報酬ですね。

武器や便利なアイテムが貰えます。

このゲームは、繰り返しプレイすることでキャラが強くなったりはしませんが、ミッションをクリアすることで装備は強くなります。

 

 

難しいミッションの報酬の装備がいいものとは限らず、自分の使いやすい性能の装備を選べるのがいいですね。

武器にもメリットデメリットがあり、特殊技が使える刀特殊技は使えないけどスタミナが増加する刀などいろいろです。

 

特にお気に入りの装備は、

 

 

このスプリントシューズですね。

ダッシュボタンでしばらく高速移動ができるのですが、これがかなり爽快なんですよ。

敵の大群に突っ込んでいき切り伏せる。最高。

 

まとめ

 

はい、ということで「アカネ」「AKANE」「朱音」のゲーム紹介でした!

180円という激安で購入したのですが、めっちゃおもしろかったです。

定価でも500円という低価格なので、セール以外で買っても損はないです。

 

このゲームは、価格はもちろん「サイバーパンク」「刀アクション」「カッコいい主人公」で即ダウンロードしたのですが、その判断に間違いはなかったです。

ちなみにサイバーパンクに欠かせない、少しおかしな日本語看板はあえてやってるみたいです。

わかってますやん!

 

ということで、今回の紹介はここでおしまいです。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

 

サイバーパンク1歩手前の世界を駆け巡れ!『RAGE2』

  どうもー、こんにちは。 チュウのゲーマーいちです!   いきなりですが、今までで1番ハマったゲームは「フォールアウト」です。 いや~、あの衝撃はすごかったですね。 こんなに自由 ...

続きを見る

1周30分の中毒性高めアクションローグライク『Hades』

  どうもーこんにちは! チュウのゲーマーいちです。   PSストアも年末には、ブラックフライデーや歳末セールなどでお買い得なゲームがたくさんありますね! 今回のセールでも、たくさ ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いち

物心ついた時からゲームをしていたが実力は中の下。 5年ほどゲームから離れていたが、PS4とPC購入により復活。 せっかくだからチュウのゲーマーとしてブログ開設。

-アクション

© 2022 チュウのゲーマー