シューティング

地球防衛軍4.1のスピンオフ、『ウイングダイバー・ザ・シューター』

 

どうもー、こんにちは。

チュウのゲーマーいちです!

 

みなさんはシューティングゲームはプレイしますか?

FPSは好きなのですが、強制スクロールするようなものは全然しないです…。

特に、弾幕系シューティングとかは1度もやったことがありません

 

今回紹介するのは、以前紹介した『地球防衛軍4.1』のスピンオフ作品、

地球防衛軍4.1

WINGDIVER THE SHOOTER

です。

 

スピンオフってなんかいいですよね。

漫画のカイジは読んだことないんですが、スピンオフ作品のハンチョウは3巻ほど買いました。

コナンのスピンオフの犯人視点のヤツも…

 

はい、ゲームを紹介します。

 

地球防衛軍4.1 WINGDIVER THE SHOOTER

 

 

こちらのウイングダイバー・ザ・シューターは、PS4で2017年11月に発売されました。

その後は2018年4月にsteamでも販売されています。

 

価格はどちらのプラットホームでも約2,000円です。

さぁ、これが安いのか高いのか?どうなんでしょうね。

 

ジャンルとしては縦スクロール型3Dシューティングゲームです。

私のほとんどしてこなかったジャンルです…

まぁ、大好きな地球防衛軍なので頑張ってみましょう。

 

結構ガチめなシューティング?

 

私は弾幕系シューティングはしたことがないのでよくわからないのですが、結構ガチめなシューティングでした

 

 

アリたちが、「サンダー!」でお馴染みの酸を吐きまくります。

はじめのうちは体力が少ないので避け続けないとすぐゲームオーバーになってしまいます。

ステージが進むにつれどんどん敵の攻撃が激しくなっていき、どうしようもなくなってきます。

 

 

最初は「どうせ一ちゅうねん!」と思いながらゴリ押しで進んでいたのですがL2で使えるブーストを知ってから避けれるようになってきました。

このブーストが強くて、そこそこの時間無敵になれます

本格的な弾幕系シューティングにはそんなのあるんですかね?

まぁとにかくこのブーストありがてぇです。

これが使えないと高難易度のステージはクリア厳しいですね。

 

武器・アーマー集め

 

地球防衛軍と言えば、敵を倒していい武器やアーマーを手に入れるハクスラ的な要素がありますよね。

ウイングダイバー・ザ・シューターでも、もちろんあります。

ただ本編と違って「この敵を倒すと武器ドロップする」と決まってるようですね。

また、ステージの途中で始まるチャンスステージ的なとこでも武器が手に入る可能性があります。

 

 

制限時間以内に倒せた数によって報酬がアップする感じです。

使用している武器によって難しさは変わりますね。

強くてもエネルギー消費が激しい武器だと数撃てないので、弱くてもたくさん撃てるイクシオン系の方が稼ぎやすいです。

 

本編と同じように、手に入れた武器はステージクリア後に教えてくれます。

 

ボス戦

 

ウイングダイバー・ザ・シューターでは各ステージの最後にボス戦があります。

もちろん本編でも登場した巨大生物たちが出てきます。

 

 

やっぱりボスなだけはあり、激しい攻撃を繰り出してきます。

ブーストを使わないときついです…

 

 

本編で登場した巨大怪獣がこちらにも出てきてくれて、なんかうれしかったです。

地球防衛軍には巨大怪獣もお約束ですからね!

 

 

ステージ数とDLC

 

ウイングダイバー・ザ・シューターは約2,000円ですが、何ステージあると思いますか?

ここがちょっと評価の分かれ目ですよね。

まぁ安いっちゃ安いんですけど…

 

 

まさかの6ステージです!

ミッション6をクリアしてエンディングに行ったときは少し驚きました。

武器集めや高難易度への挑戦などやり込める要素はたくさんあるので、ほんとにこれで終了ってこともないのですが、ミッション内容的にはおしまいです。

 

 

…と思っていました。

実は無料のダウンロードコンテンツが配信されていたんです。

PS4版が2019年の6月に。

内容はというと、トレーニングモードという項目が増えて、ショートミッションが追加されます!

 

 

レベル1~6まであり、それぞれのレベルに10ミッションが入っています。

また、各レベルをクリアするごとに報酬として新しい武器を貰えます。

 

 

1つのミッションはほんとにすぐ終わります。

まぁそれでも60も増えればすごいですね!

ただ、結構意地悪なミッションも多くイライラがたまります

特に武器を使えない系のミッションはしんどいですね。

そのうえ、メダル獲得するためにはノーダメージとかツラすぎます。

 

けどよかったところは、本編には出てきたけどウイングダイバー・ザ・シューターでは出てこなかった敵が登場することですね。

 

 

その他はまぁ…

ストレス耐性トレーニングモードですかね?

 

まとめ

 

はい、ということで地球防衛軍4.1 WINGDIVER THE SHOOTERの紹介でした。

私はセールで1,000円くらいで買えたのでよかったですが、セールじゃなかったらどうなんでしょうかね。

地球防衛軍好きの方なら買っても楽しめると思いますが、地球防衛軍を知らない人が買ったら微妙なんじゃないかと思われます。

私はお値段以上には楽しめました。

シューティングが得意じゃないので難しかったのですが、慣れてる人がしたらどうだったのでしょうかね?

 

よろしければ、本編の方の記事もどうぞ!

 

宇宙人の手先は巨大な虫?地球防衛軍4.1!

  どうもーこんにちは。 チュウのゲーマーいちです!   みなさん虫は得意ですか? 私は大っ嫌いですね。 小学生の低学年の時は虫取りとかしていたのですが、今では考えられないです。 ...

続きを見る

 

それでは、最後までお読みいただき

ありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いち

物心ついた時からゲームをしていたが実力は中の下。 5年ほどゲームから離れていたが、PS4とPC購入により復活。 せっかくだからチュウのゲーマーとしてブログ開設。

-シューティング

© 2021 チュウのゲーマー