テキストアドベンチャー

テキストとサウンドのみのアドベンチャー『オード』

 

どうもー、こんにちは。

チュウのゲーマーいちです!

 

今回はまた特殊なゲームを紹介しようと思います。

テキストアドベンチャーって感じなんですが、めっちゃシンプルなんです!

 

ゲームのタイトルは

Ord.

(オード)

っていいます!

 

ただ、なぜかPS4のメニュー画面では「オードガム」って書いてるんですよね。

PSストアでは「オード」やのに。

なんでなんやろ…?

 

Ord.(オード)

 

このゲームは2019年6月にsteamでリリースされ、2020年11月にPS4やswitchでも発売されました。

お値段はお安く、PS4・switchで約500円です。

steamでは驚きの約200円でした!

steamができる環境ならそちらの方を買った方がいいかもしれませんね。

日本語にも対応していましたし。

 

どんなゲーム?

 

 

ゲーム内容としては、2択の選択肢を選び続けてエンディングを目指すというものになります。

ストーリーも5つあり、それなりにボリュームがあります。

 

選択肢を選ぶと言いましたが、特に質問されるわけではないんです。

 

 

ひとことだけ状況の情報あって、どんな行動をするか選択するって感じです。

間違った選択をしてしまうとすぐゲームオーバーになります。

 

 

アライグマが現れたみたいですね。

アライグマってかわいいし、一緒に遊びたくないですか?

ってことで遊ぶを選択しましょう!

 

 

あっ…ゲームオーバーや……

 

こんな感じであっさりゲームオーバーになり、最初のアラームの画面に戻ります。

ゲームオーバーを繰り返すことによって、次回はその選択を避けれるようになり少しずつ先に進めるようになるゲームですね。

 

また、このストーリーはマイクエストという魔術師を倒すストーリーなんですが、脇道にそれることで魔術師の情報が手に入ったりもします。

 

 

ゲームオーバーやエンディングをいろいろ見て、全部見れたらクリアになるんですかね?

 

テンポ良いリズムとシンプルな演出

 

オードは何度もゲームオーバーになるのですが、テンポがいいのでそんなに苦にはならなかったです。

ロード画面もないですし、音もいいんですよ。

 

画面に状況が出てきて、ポンと鳴り

選択肢を選んで、ポンと鳴り

結果が出てきてポンと鳴る

 

なのでポンポンポンというテンポで進んでいき、それが悪くないんですよ。

 

 

ゲーム画面はご覧の通り文字だけです。

こんなにシンプルなゲーム画面があっていいのかというくらいシンプルです。

小説を読んでいる時のように頭の中で情景を思い浮かべながらプレイするゲームですね

 

ただ、演出が全くないわけではないんです。

ダンジョンに入ったら薄暗くなったり、キノコを食べたらバグったようになります。

魔術師の塔に近づく時も、嵐で雨や雷の演出もありました。

 

 

まぁそれでもめちゃくちゃシンプルなんですけどね。

 

まとめ

 

はい、今回はOrd.(オード)の紹介でした。

オードなのかオードガムなのかはよくわからないままですが、お値段が安いこともあり楽しめました。

これが3000円くらいしたらさすがに嫌ですが、200円や500円なら全然オッケーです!

 

サウンドノベルともまた違う感じのテキストアドベンチャーで、箸休めゲームとしていいんではないでしょうか?

まだ全部のストーリーでエンディングは観れていないので、またゲーム疲れを感じたら戻ってこようと思います。

 

それでは、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!

 

第3回 懐ゲー探索隊・物語を決めるのはあなた『学校であった怖い話S』

  どうもー、こんにちは! チュウのゲーマーいちです。   いきなり始めますが、今回も懐かしいゲームを紹介しますよー!   「学校であった怖い話S」   いやぁ ...

自分の選択で脱出せよ、箱舟のノワール!

  どうも~、こんにちは! チュウのゲーマーいちです。   最近PCを購入して初めてsteamというものを知ったのですがすごいですね。 今までなんとなくストームみたいなのがあるとい ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いち

物心ついた時からゲームをしていたが実力は中の下。 5年ほどゲームから離れていたが、PS4とPC購入により復活。 せっかくだからチュウのゲーマーとしてブログ開設。

-テキストアドベンチャー

© 2021 チュウのゲーマー