ローグライク

中毒性クリッカー風味ローグライト『くちなしアンプル』

 

どうもー、こんにちは。

チュウのゲーマーいちです!

 

私はローグライクと呼ばれるゲームが好きなんです。

まぁ一言でローグライクと言っても、ゲームによってその定義も変わってくるんですが、そんなもの全部含めて好きなんです。

ちょっとでもローグの要素があればプレイしてみたくなっちゃいますね。

 

そんなローグライク好きの私ですが、気になるゲームを見つけてしまいました。

何気なくswitchで発売前の予約ゲームを見ていると、紹介ページに「クリッカー風味のダンジョン農地化ローグライト」と書かれているゲームと遭遇しました。

クリッカー風味のローグライト?

何かわからないですが、おもしろそうです。

 

そのゲームとは、

くちなしアンプル

です!

 

クリッカーゲームと言えば、スマホゲームなどでよくあるジャンルですね。

タップや放置でポイントやアイテムを貯めて、それを使って強化を繰り返しさらに効率よくポイントやアイテムを貯めれるようになる……ってな感じのやつですよね?

私もクリッカーゲームは、たまに手を出して時間を吸い取られています。

 

クリッカー×ローグライト……どんなゲームになるのか気になっちゃいますよね?

もちろんswitch版の配信日に即ダウンロードしました。

最初は、微妙だなと思ってしまったんですが、いつのまにかハマっていて気がつくとプレイ時間10時間以上になっていました。

 

では、そんな「くちなしアンプル」の紹介をしようと思います。

 

くちなしアンプル

 

こちらのゲームは、2021年3月にsteamで配信開始されました。

その後、2022年2月3日にswitch・PS4・Xbox Oneでも配信開始されました。

お値段はどのプラットホームでも、1,980円となっております。

 

最初は失敗したかと思っていたのですが、せっかく買ったからとプレイしているうちにドンドン夢中になっていってました。

何で失敗したかと思ったのかって?

だって、イラストとゲーム内のキャラが違いすぎたんですもん

 

 

スコップを持っている少女がプレイヤーキャラで主人公なんですが、ゲーム内では……

 

 

なんか違う。

 

まぁこれは特にひどい顔の時なんですけどね。

ゲーム中はそんなに顔は見えないので、たぶん大丈夫です。

 

声優さんは有名な方を起用しているみたいですのでご安心を!

あんまり詳しくないんですが、セーラームーンに出てくる誰かの声を担当してたみたいです。

私の世代からすると、ワンピースのナミっぽい声だなと思いました。違うかったけど。

 

他にも、素材を集める時の単調さも「微妙かな?」と思う要因だったのですが、いつしかそれが喜びに変わっていました。

マップの素材全部集めてからじゃないと、先に進みたくありませんもん。

 

クリッカー風味の農地化ローグライト?

 

クリッカー風味のローグライトとはなんなんや?

と思いますよね?

私なりにローグ要素とクリッカー要素をまとめてみました。

あと、ダンジョン農地化ってなんやねんとも思いますね。

 

 

ローグ要素

 

まずはローグ要素です。

 

ローグ要素

  • 毎回ダンジョンランダム生成
  • マップ上の敵に近づいて戦闘する(ランダムエンカウントじゃない)
  • プレイヤーが1つ行動するたびに敵も1つ行動する
  • 1回ではクリアできない

 

こんな感じですかね?

ゲーム画面的にはめちゃくちゃローグって感じがします。

しかし、一般的なローグライク・ローグライトとは決定的に違う箇所があるんです。

 

それは、ダンジョンでやられてもレベルは引き継がれる

ローグライク系だと、やられるとレベル1に戻ることが多いんですよ。

けどこのゲームでは引き継がれます!

なので、やられてしまってもすべてが無駄になることはありません。

素材も少なくはなるのですが、すべて失うわけではないので優しいゲームですね。

 

 

他にも、ローグライク系によくあるハクスラ要素もありません。

武器装備の概念がなく、上の画像にあるスコップを使い敵を攻撃しています。

 

まぁ主人公の職業は錬金術師なので、戦うことがメインじゃなくて素材収集がメインですよってことだと理解しています

戦いメインだったら普通のローグライクになりますもんね。

実はそのスコップでダンジョンを開拓してるのか?いや、それはないか。

とか想像しながら楽しんでます。

 

クリッカー要素

 

ゲーム画面を見る限りローグっぽい感じなんですが、たしかにクリッカーゲームの要素もありました。

ただし、クリッカーゲームにありがちな放置要素はありません。

説明にあった通り、「クリッカー風味」なんですよ。

 

ポチポチと敵を倒して素材をあつめて、それらの素材を使いダンジョンを成長させると、よりたくさんの素材を手に入れれるようになります。

 

 

最初のうちは、時間をかけても10前後しか手に入れられなかった素材も、ダンジョンを育てているといつの間にか……

 

 

100以上手に入れれています!

この素材集めの快感もクリッカー風味なのかな?と。

クリッカーゲームも地道に手に入れた素材やポイントを使ってパワーアップすれば、短時間でより多くの素材やポイントを手に入れれますもんね。

 

ダンジョン探索も、よく言えばシンプルな感じで技術などはほとんど必要ないので素材集めに集中できます。

 

農地化

 

で、集めた素材でダンジョンを成長させて農地化します。

成長させるには専用のアイテムがいるんですが、ダンジョンの中に落ちているんで素材集めしてたら勝手に手に入れています。

 

 

ファームレベルを上げると素材の入手量が増え、マジックレベルを上げるとダンジョンに魔法陣が出現するようになります。

魔法陣は体力回復や攻撃力アップの効果があるので、ダンジョン探索には欠かせないですね。

 

それぞれのレベルは3までなんですが、両方をレベル3にすることでようやく農地化ができます。

 

 

農地化するにはたくさんの素材がいるのですが、その素材を使う価値はあります。

農地化した階は、敵がいなくなり素材だけを入手できるようになります。

さらに、隣り合う階を農地化すると1つにまとめられるので、より短時間でたくさんの素材を手に入れることができます。

 

 

上の画像では1~17階を農地化してまとめた階なのですが、一瞬で「ローズ×123を入手!」しています。

はやくもっと多くの階を農地化してつなげたいですね!

 

その他

 

他にも素材の使用方法として、スキルを覚えることができます。

 

 

MPを消費する攻撃・回復やステータスアップなどの戦闘系や、素材入手量アップなどの便利系のスキルがあります。

ダンジョンを成長させる素材と同じものを使うので、どちらを優先するか迷いますよね。

私はダンジョン優先派です。

 

そういえば、敵キャラは非常にシンプルな図形です。

 

 

強くなるほど複雑な形になっていきますが、やっぱり図形ですね。

たまに少しかわいい感じの敵もいますが……

 

 

めっちゃシンプル!

まぁ、本物のローグでは敵がアルファベットですからね。

そう思ったら豪華な敵です。

 

まとめ

 

ということで、「クリッカー風味の農地化ローグライト」の意味はわかっていただけたでしょうか?

最初はなんやこれと思っていたのですが、癖になる魅力があるゲームですね。

 

初めて見たときは、ゲーム画像が微妙な感じで買うか迷ったんですが、「クリッカー風味の農地化ローグライト」が気になりすぎて購入。

結果、ハズレではなかったのでよかったです。

今回紹介はしていませんでしたが、ストーリーもありボスキャラもいます。(図形ですが)

 

では、今回の紹介は以上です。

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!

 

【スマホゲーム】短時間でできるローグライク『終末ローグ』

  どうもー、こんにちは。 チュウのゲーマーいちです!   私はスマホを持ちはじめてからずっとandroidしか使っていないのですが、みなさんはどうですか? androidはPla ...

続きを見る

【スターレネゲード】ターン制コマンドバトルのローグライク!

  どうもー、こんにちは。 チュウのゲーマーいちです!   最近ローグライクと呼ばれるジャンルのゲームをよくプレイしているのですが、遂に自分の好みとぴったり合うゲームに出会いました ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いち

物心ついた時からゲームをしていたが実力は中の下。 5年ほどゲームから離れていたが、PS4とPC購入により復活。 せっかくだからチュウのゲーマーとしてブログ開設。

-ローグライク

© 2022 チュウのゲーマー